セントラルヒーティング

セントラルヒーティング

空間を開放的に演出できるだけでなく、快適で身体にも優しい

セントラルヒーティングで新しい生活を

セントラルヒーティングとは家の一箇所に空調機装置を設置して、希望の温度に変換された空気をダクトを通して必要な各部へ送り届けるシステムです。

欧米では日本のように各部屋にエアコンを設置するという考え方がありません。

家全体で冷暖房をして熱を逃さない構造となっている為、夏は涼しく冬は暖かい家を実現します。

最近の高気密・高断熱住宅は気密性が高いものの、どうしても換気不足が起きやすい構造になってしまいます。結露やカビ・ダニの繁殖を防ぐ為にも頻繁に換気をすると、換気のたびに温度が急激に外気温に戻され、まだ戻す為に時間も電気代もかかってしまう事になります。

セントラルヒーティングでは家中をほぼ均一な温度で保ちながら、24時間換気のシステムとなります。給気側も排気側も両方とも機械を用いた第1種換気を採用しています。

しかも省エネ性に優れた熱交換方式を取り入れているので室内の汚れた空気を排出し、清浄フィルターを通して花粉やチリを除去した新鮮な空気のみを取り込みクリーンな屋内の空気を保ちます。

またこのシステムのメリットは部屋の行き来によって温度差が生まれない事も大きな要因の1つです。これはヒートショック現象のリスクを軽減する事にも効果的です。ヒートショックとは家の中での急激な温度差により血圧が変動し身体に高負荷をかける現象で、一歩間違うと命の危険にも繋がる事になります。

高齢になっても長く安心して快適に住んでいられる住まいづくりに、セントラルヒーティングは適しているといえます。

部屋だけでなく、廊下やトイレなど家全体が快適な温度に保たれている、と聞くとどうしても費用が高くなるイメージがあるかもしれません。しかし、実はランニングコストは月平均9420円※と、大変リーズナブルな価格に収まります。

※デンソーエース「PARADIA」 全館空調・換気月別ランニングコストの目安より参考金額として掲載

複数の部屋で同時にエアコンを一斉に稼働させる事を考えると、実は全館空調と毎月のコストはそこまで変わらない状態に抑える事が出来るのです。

日本でも徐々に普及してきているこの全館空調システムですが、ユニバーシスではアメリカ本場の構造を理解しているからこそ、良質で現地の価格に近いリーズナブルな価格で導入出来るのです。