住まいづくりの流れ

輸入住宅の設計・施工プロセスについて

住まいづくりは、お客様との共同作業。住まいの夢やこだわりを一緒にカタチにしていきましょう

計画段階からお引き渡しまで。お客様とユニバーシスが進める共同作業の流れです。お客様のこだわりや夢実現のために円滑にコミュニケーションをとりながら、輸入住宅を知り尽くしたプロのコンサルティングスタッフが多面的にフォロー。ステップごとに理想の住まい創りを進め、夢実現をプロデュースいたします。

住まいづくりの流れ

1. ヒアリング

新居のデザインイメージや間取りなど、住まいに対するご要望をヒアリングいたします。また、住まいに対する疑問や資金計画、土地探しのご相談も承りますので、お気軽にお申し付けください。

2. 敷地調査・役所調査(地盤調査申込)

ご予定の敷地の面積や形状、電気・ガス・上下水道などライフラインの状況を調査し、役所で地域の法的規制などを調査します。また、地盤調査を実施して書面でお客様にご報告します。
(※一部有償)。

3. プラン・概算見積りご提案

お客様のご希望と敷地条件に合う住まいを具体的に検討し、プランを作成します。プランはヒアリングから約1~2週間後に、概算見積とともにご提案いたします。初回ご提案時にはスケッチの平面図と立面図でイメージをつかんでいただき、設備・仕様はカタログやサンプルでご確認していただきます。

4. プラン・仕様・予算などの検討

ご提案したプランをもとに、間取りやデザイン・仕様などについて、ご意見をヒアリングしながら具体化していきます。また、ご入居の希望時期などについても打ち合わせさせていただきます。

5. 資金計画・支払い計画

借入先の選択や、お支払方法などについて検討します。資金計画については、住まい創りのコンサルタンティングスタッフが豊富な知識と経験にもとにアドバイスいたします。

6. 最終見積り・プラン・工期決定

最終プランをご提出し、仕様や設備などを決定していただきます。その後、最終見積をご提出し、工期なども決定します。

7. ご契約

プランと見積にご納得していただいた上で、請負契約書を取り交わします。その後、役所に確認申請書を提出します。また、敷地調査時に計測した地耐力のデータを瑕疵担保保険法人に提出し調査を受けていただきます。

8. プランの確定・建材発注

ご契約後、設備・仕様の色など、ディティールを打ち合わせしてプランを決定します。その後、詳細図面を作成し、輸入建材などを順次発注していきます。

9. 解体・整地

建替の場合は解体・整地工事を行います。また、地盤改良が必要な場合は、地盤の状況に応じて改良工事を実施いたします。

10. 基礎着工

ご希望の場合は地鎮祭を執り行います。建築確認申請などの諸手続を経て、敷地境界線を確認の上、着工します。着工前には、ご近所に工事開始のご挨拶に伺い、基礎工事を始めます。当社の基礎工事は地下空間のある基礎で、頑強なベタ基礎です。

11. フレーミング工事

輸入建材の第1便到着後、フレーミング(骨組)工事を行います。1階の強固な床の上に壁構面を施工し、その上に2階の床構面を施工して、壁を立ち上げます。

12. 屋根工事

2階壁構面を施工した後、屋根を施工します。ここで外観のシルエットが確認できます。上棟の完成時に中間検査を行います。

13. 木工事・内部設備工事

室内の石膏ボードを張る前に中間検査を実施します。輸入建材の第2便到着後、各部屋に石膏ボードとドライウォールを施工し、室内の建具や照明、設備機器を取り付けていきます。

14. 外溝・外壁仕上げ工事

外壁の仕上工事を開始します。外観デザインの完成度を左右するモールディングなど、ディティールにこだわり慎重に施工を行います。

15. 竣工

内装・外装・設備工事などがすべて終了後、竣工となります。社内検査のあと完了検査を行い、お客様にご説明の上、引き渡し検査を実施いたします。万一、手直しがあれば早急に対応します。


?