輸入住宅のインテリア〜エレガント

NO IMAGE

海外の設計思想に基づいて建てられた建物が輸入住宅です。

実情は様々ですが、一般的には間取りがオープンであること、気密性や耐震性に優れている点が挙げられます。

また輸入住宅のスタイルには北米系、ヨーロッパ系などがありますが、いずれにしても日本の住宅ではお目にかかることがないような、非常におしゃれで、それでいて馴染みやすい外観やデザインをしていることが多いのも特徴です。

勿論、この特徴は建物内部にもあてはまります。

ですから輸入住宅においては、建物内部に配置するインテリアにも気を使うことが求められます。

まず建物が洋風である以上、日本の和を感じさせるようなインテリアや家具を配置するのはミスマッチだと言えます。

どのような仕上がりをイメージするのが望ましいかと言うと、これは海外ドラマや洋画に出てくる光景をイメージするとわかりやすいかもしれません。

どのような雰囲気を求めるかによっても異なってきますが、エレガントを基調としつつ、クラッシックな雰囲気やラグジュアリーな雰囲気をインテリアで演出していくと良いです。

温かみのある雰囲気にするのか、それともとことんゴージャスな雰囲気にするのかによっても変わってきます。

輸入住宅をご検討の方は本物の素材と技術でつくるユニバーシスにご相談ください

情報ブログカテゴリの最新記事