輸入住宅のインテリア〜クラシック

NO IMAGE

輸入住宅に似合うインテリアの一つとしてクラシックスタイルが有ります。
主に中世の貴族の邸宅を思わせる様な重厚な雰囲気のソファーやテーブルなどを部屋の中に配置することで、
輸入住宅の部屋の雰囲気が非常に盛り上がるものです。

輸入住宅の大きな特徴として、日本家屋にはないデザイン性があります。
外観や内部の壁面にも様々な装飾が施されている物が多く、その装飾が雰囲気を非常に格調高い物にしています。
日本家屋の一部にもそのようなデザインのものが有りますが控えめなものが多く、輸入住宅のような個性を前面に押し出しているような雰囲気の物は余り有りません。

インテリアに於いても壁面や天井などに装飾を施している場合が多いため、そのインテリアに於いて統一感を持たせるためにはクラッシックなデザインで家具も統一することが格調高い演出をする上では非常に効果的です。

クラシックなインテリアは決して華美な装飾だけではなく、全体の統一感を持たせることも非常に重要な要素となります。

輸入住宅の室内は白または明るい色を利用することが多いのですが、これに併せて家具なども白または明るい色を選択することで開放感と統一感が生まれます。

輸入住宅をご検討の方は本物の素材と技術でつくるユニバーシスにご相談ください

 

情報ブログカテゴリの最新記事