防火性能

燃えにくい木の性質と石膏ボードやファイアーストップ材により、火が大きくなることを防ぎます

一般的に木は火に弱いと思われていますが、厚みのある木は鉄よりも高い耐火性が実証されています。さらにツーバイフォー工法ではファイアーストップ材や石膏ボードにより、家の中に火が燃え広がることを抑えます。

木の家は燃えにくい。表面だけが炭化し内部まで進行しません

温度に対する材質の変化率

木は火に弱いというのが定説ですが、意外にも鉄よりも火に強い素材です。確かに普通の木は燃えやすい性質を持っていますが、一定の太さと厚さがある木の構造材は着火しても、表面だけが炭化して内部へ火が進行せず強度も低下しません。一方、鉄骨は550℃を超えると変形し、強度が急激に低下し崩れることがあります。

700~950℃にまで達するといわれる火災現場や火災実験のデータでは、ツーバイフォーの構造部材は加熱後5分経過してもほとんど変形しませんが、鉄骨部材は変形が始まることが実証されています。

石膏ボードに火がついても、水蒸気を発生し発火を遅らせます

ツーバイフォー工法ではすべての天井や壁の内側全面に、厚さ12.5mm以上の石膏ボードが取り付けられています。この石膏ボードは着火により表面は炭化しますが、内部に含まれた約21%の水分が蒸発して約20分間、水蒸気を放出するという特性を持っています。これにより天井裏や壁の内部温度が上昇しにくく、構造材の発火を大きく遅らせる働きがあります。

また、床や壁に埋め込まれる断熱材も、火災時の熱が構造材に伝わりにくくする作用があり、石膏ボードとともに木材への発火を遅らせます。

ファイアーストップ材により、他の部屋に火が燃え広がりません

ファイヤーストップ構造

在来木造や鉄骨造などの軸組み構造は、壁の接合部や内側、天井裏を伝わって燃え広がってしまいます。一方、ツーバイフォー工法は火の通り道になる壁の接合部にファイアーストップ材を加えて空気の流れを遮断し、上の階に燃え広がることを防ぎます。また、床や壁は根太、いわば防火区域が枠組材などで一定間隔区切られた構造のため、火の進行をさらに抑えます。

万一、石膏ボードの内部まで燃えても、壁の中を伝わって燃え広がることを防ぐので、初期消火で消し止め火災の被害を最小限に抑えることができます。