ロマネスク様式

ゴシック以前に普及した中世西ヨーロッパの様式で急勾配の寄棟屋根の袖棟や円錐形の付属棟が特徴です

アーリー/サザン/コロニアル様式

ロマネスク建築は、ゴシック建築以前の中世西ヨーロッパの建築様式です。代表的な建築物としてはイタリアのピサの大聖堂が有名です。ロマネスク様式は、ローマ風を意味していますが、石造の厚い壁で半円のアーチ型スタイルが典型的なスタイルで、教会建築において最高の技術が集約されています。

■ 【ロマネスク様式について】

ロマネスク様式は、急勾配の寄棟屋根に、切妻屋根の袖棟や円錐形の屋根の付属棟が設けられています。窓、ポーチコ、ドアなどの開口部は、基本的に半円形のアーチを採用。外壁は組石造または組石造デザインです。玄関扉は一枚扉で採光用欄間(トランザム)があります。窓は一枚ガラスサッシのダブルハング・ ウィンドウに半円形のアーチフードの欄間を設けています。

資料:アメリカン・ハウス・スタイル/発行:住宅生産性研究会/筆者:JHON MILLNES BAKER,A.IA/訳者:戸谷英世