ジョージアン様式

17世紀に富裕層の間で人気を集めた建築様式でシンメトリーの威厳のあるデザインが特徴です

アーリー/サザン/コロニアル様式

ジョージアン様式は、イギリスのハノーバー朝の国王ジョージ1~4世の時代に普及した建築・工芸の様式です。1600年代半ばにイギリスでポピュラーになり、建築マニュアルなどによってアメリカに伝えられました。その威厳あるデザインに魅了された裕福な移住者の間でブームになり、アメリカのコロニアルスタイルとしてニューイングランドと南部の植民地で定着しました。

■ 【ジョージアン様式について】

ジョージアン様式は、切妻屋根または腰折屋根に、ドーマー・ウィンドウと化粧手摺りが屋根に設けられています。当初は組石造であったため、外壁は1、2階とも同じ位置(総2階建て)として造られました。また、シンメトリー(左右対称)で、柱間が開口部を中心に奇数でつくられています。ダブルハング・ウィンドウは縦長で、6~12枚の小さなガラスのサッシで構成。玄関はパネルドアにトランザム(欄間)と壁付柱でペディメントがついており、ポーチやポーチコはありません。

資料:アメリカン・ハウス・スタイル/発行:住宅生産性研究会/筆者:JHON MILLNES BAKER,A.IA/訳者:戸谷英世