ゴシック/リバイバル様式

ゴシック建築の復興を目指した建築様式で教会のデザインを取り入れた外観デザインが特徴です

アーリー/サザン/コロニアル様式

ゴシック/リバイバル建築とは、18世紀後半から19世紀にかけて興ったゴシック建築の復興を目指した建築です。ネオ・ゴシック建築とも呼ばれ、18世紀後半にはフランス、ドイツ、イタリア、ロシア、アメリカに広がりました。キリスト教が理想とする家庭像を実現するために、神が訪れる教会のデザインを住宅に取り入れた点が特徴です。

■ 【ゴシック/リバイバル様式について】

ゴシック/リバイバル様式は、ピクチャレスク様式のコテージや、キャッスルの外観が特徴です。急勾配の屋根が十字形に交叉し、装飾的な縦板張りやゴシック・アーチ、窓のフードとともに縦のデザインを強調。軒や切妻飾り、棟飾りのほか、手摺りに肌目細やかなゴシック・ デザインを取り入れています。窓は小さなガラスを鉛でつないだ観音開きのケースメント・ ウィンドウが基本ですが、背面1階部分にはベイ・ ウィンドウを採用。2階部分はバルコニーとなっています。

資料:アメリカン・ハウス・スタイル/発行:住宅生産性研究会/筆者:JHON MILLNES BAKER,A.IA/訳者:戸谷英世