エリザベス様式

16世紀のエリザベスⅠ世の時代に普及した建築様式で柱や梁などを外部に露出したデザインが特徴です

アーリー/サザン/コロニアル様式

エリザベス様式とは、16世紀後期、イギリスのエリザベスⅠ世時代に普及した様式です。伝統的なゴシック様式を受け継いでいますが、イギリス・ルネサンスの初期の建築ともいわれています。中世のスタイルにイタリアなどのルネサンス様式を加え、直線的で実用性を重視したデザインとなっています。

■ 【エリザベス様式について】

エリザベス様式は、全体的に直線的なデザインが特徴です。急勾配の切妻屋根で中央に高い壷飾りを施した煙突があり、袖棟と十字交叉します。柱や梁、筋交いなどを外部に露出し、その間の壁面を煉瓦、漆喰で埋めるハーフティンバー構造によって、構造体そのものがデザインの一部になっています。また、チューダー・アーチと呼ばれる幅が広く平たい尖頭アーチも特徴的です。

資料:アメリカン・ハウス・スタイル/発行:住宅生産性研究会/筆者:JHON MILLNES BAKER,A.IA/訳者:戸谷英世